サムターン回しの対策とは?

サムターン回しとは、ドアに穴を開けてサムターンを回す空き巣の侵入手口の一つですが、これは事前に対策する事ができますよ。

サムターン回しの手口は複数あり、ドリルなどの特殊な器具を使ってサムターンを回したり、のぞき穴を取り外してサムターンを回したり、焼き破りというプラスチックを溶かす方法もあるのだそうです。

サムターン回しの対策として有効なのが補助錠の取り付けであり、一つのドアに複数の鍵を設置しておけば侵入にかかる時間を増やす事ができますし、鍵が複数ついているれば、空き巣のターゲットから外れる可能性がアップするのです。

また、サムターンに内側から専用のカバーを取り付ければ、サムターン回しを防止する事ができますし、近年ではサムターン回しの対策が施されている高性能なサムターンも販売されていますので、防犯性能が高い物へと交換すると良いでしょう。